スノーボードに挑戦してみたい初心者と上達したい人のためのサイト。スノボに行く持ち物やゲレンデ選びやコツ、そしてスノボ初心者が上達して行くためのターンなど滑り方の練習方法をご紹介しています。

スノボ 初心者

スノボ 初心者 持ち物

スノボ ゴーグル 曇る フェイスマスク

特に寒い日にスキー場に行ったりゲレンデが吹雪いてきたりすると、口や鼻を出しているととんでもなく冷たくなってしまって、寒いを通り越して痛くなってきますよね。

そんなストレスを解消してくれる、顔の寒さ対策や日焼け対策にもなるフェイスマスクですが、フェイスマスクをすると今度はすぐにゴーグルが曇ってしまってストレスになったりしませんか?

一度ゴーグルが曇ってしまうと、なかなか曇りは取れませんし…

曇ったままで滑ると前がよく見えなくて危険ですよね。

曇りずらいと言われるレンズが2重になっているダブルレンズのゴーグルを使っていて、フェイスマスクをしたことでレンズとレンズの間が曇るとその場で拭くことも難しいので大変です。

フェイスマスクをしても曇りにくい、そんなフェイスマスクの使い方を調べて色々と試してみました。

「ゴーグルの曇りに悩まされるのは嫌だけど、でも寒さ対策でフェイスマスクは絶対に使いたい!」というときに参考にしてみてください。

フェイスマスクをしてもスノボのゴーグルが曇らない方法

フェイスマスクを使う時には、フェイスマスクの上からゴーグルで挟み込むようにすると、フェイスマスクを通じてゴーグルに自分の暖かい呼吸が入るので曇りやすくなってしまう。

だからフェイスマスクは、ゴーグルで挟まないようにして使いましょう。

↑ なんてことが、よく言われてますよね。

管理人もフェイスマスクを初めて使ってみた時に、一瞬にしてゴーグルが曇ってしまったので「そうなんだ」と思っていたんですが…

フェイスマスクをゴーグルで挟み込まないように、鼻を出した状態でゴーグルをつけてみたけど、実際はあれよあれよとゴーグルはすぐに曇りました。

しかも鼻を出してると鼻が冷たくなるし、フェイスマスクの意味が半減してしまうというね。。

しかもフェイスマスクをしてゴーグルが曇るときは、レンズとレンズの間だし、曇り止めを塗ることもできそうにない。

「ゴーグルが曇るのはストレスだけど、フェイスマスクは寒さ対策で使いたいし、どうしたものか」と行き着いた、フェイスマスクをしてもスノボのゴーグルが曇らない方法がこれです。

ゴーグルをちょっとキツめにかける

レンズが2重になっているダブルレンズのゴーグルは、内側のレンズが外気と直接触れる事がなくて、外気とレンズ内の温度差を抑えられるから曇りずらいと言われていますが…

でもフェイスマスクを使うと、フェイスマスクを通じて真下から暖かい息が入ってくるし、曇るのはどうしても仕方ないこと。

だったらと、ゴーグルでフェイスマスクを挟んだ状態で、ゴーグルをちょっとキツめにしてみたら、なんとあら不思議。

こんな簡単なことで、嘘のようにゴーグルが曇らなくなりましたよ。

顔にゴーグルをフィットさせると自分の息がゴーグルの中に入ってきづらいから、フェイスマスクをしていてもゴーグルが曇ること防げるんだと思います。

逆にゴーグルをぴっちりつけていても、フェイスマスクをゴーグルに被せるようにすると一瞬で曇りましたから、やっぱりそういうことなんでしょう。

というわけで、世間で言われていることとは逆なこと言いますが(笑)、フェイスマスクを使うときにはゴーグルで挟む(ちょっとキツめに)ようにした方がおすすめです。

口元がメッシュになっているようなフェイスマスクを使えば、さらにゴーグルが曇るということを防ぐことができて、快適にスノボが楽しめると思いますよ。

↑ こういうの。

楽天のスノーボード用品のランキングはこちら
スノーボード用品 週間ランキング

Amazonのスノーボード用品の売れ筋はこちら
スノーボード用品 売れ筋ランキング

-スノボ 初心者 持ち物
-, , , ,

Copyright© スノボ 初心者 , 2020 All Rights Reserved.