スノーボードに挑戦してみたい初心者と上達したい人のためのサイト。スノボに行く持ち物やゲレンデ選びやコツ、そしてスノボ初心者が上達して行くためのターンなど滑り方の練習方法をご紹介しています。

スノボ 初心者

スノボ 初心者 ターン

スノボ 初心者 ターン

スノーボード初心者がコツを掴むのに苦労する、スノボのターン。

スノボ初心者に効率の良い滑り方の練習方法でお伝えした「木の葉おとし」までは、スノボ初心者でもそこそこすぐに感覚をつかんでできるようになるのですが…

スノボ 初心者 滑り方

ターンとなると感覚をなかなかうまくつかめず、木の葉おとしでずっと滑っている。
なんてことにもなりがちです。

実際、管理人もスノボをやり始めた頃はターンをしようと思ってもできず…

というより格好悪い話なんですが、ターンする前に板をまっすぐにしてもスピードが出て怖いから、ターンせずにクルッとすぐに木の葉おとしの状態に戻ったりしてました。

木の葉おとしで滑っていけるもんだから、そこに甘えてたんです。

そんな状態からターンの練習をした管理人が、
こうやって練習すればスノボ初心者もターンの感覚を掴みやすいな。と思った方法をお伝えします。

スノボ初心者で、ターンができずに木の葉おとしばかりしてしまう。
という人の参考になれば嬉しいです。

スノボ初心者が効率よくターンできるための練習方法

なんだか難しく感じるスノボのターンですが、ようは「斜面にお尻を向けた木の葉おとし」と「斜面に膝を向けた木の葉おとし」を連続して交互に繰り返すとターンになりますよね。

そのターンの幅が大きいか小さいか、どのぐらい回るかで自在にボードをコントロールしているだけなんです。

とはいえ、ボードがまっすぐになったときには斜面が急だとスピードも出ますし、斜面が急なところで練習をすると恐怖心が出て体が言うことを聞かなくなりますから、スピードに焦ってしまうような斜面で練習しないようにしてくださいね。

つま先のエッジを意識する

簡単に言うとターンは、「斜面にお尻を向けた木の葉おとし」と「斜面に膝を向けた木の葉おとし」を連続して交互に繰り返すだけなんですが、斜面に膝を向けた、つま先のエッジを意識した木の葉おとしができないことにはターンもできません。

ゲレンデで滑っているスノボ初心者の人を見ていると、ほとんどの人が斜面に膝を向けた、つま先のエッジを意識した木の葉おとしはあまりしていないので、「斜面に膝を向けた木の葉おとし」に慣れるようにしっかりと練習してみましょう。

かかとのエッジでこの葉おとしをしているときと同じぐらいの安心感で、つま先のエッジで木の葉おとしをすることができるようになればOK。

これができるようになると、つま先のエッジに乗る感覚を掴むことができるので、そこからかかとのエッジに乗るように徐々に体制を移動させればターンできますよね。

スノボ初心者のうちはかかとのエッジに乗っている方が安心感がありますし、そこから斜面に向かってつま先のエッジに乗りに行くのは恐怖心があって体が動きにくいもの。

だからつま先のエッジからかかとのエッジに乗るように、まずは一方方向ですがこればかり練習してください。

この方向でのターンに慣れたら、次は逆。

かかとのエッジからつま先のエッジに乗りにいく練習です。

思い切って前に体重を移動させる

つま先のエッジから、かかとのエッジに乗るように徐々に体制を移動させればターンできるとはいえ、その途中にはボードが斜面に対してまっすぐな状態になる瞬間がありますよね。

スノボの板を横にしたままでエッジをきかせたまま滑る木の葉おとしと、板が一瞬でもまっすぐ進行方向に向くターンでは、スノボ初心者が感じる怖さは全然違うもの。

だからといって、板が斜面に対してまっすぐになったときに、そこでスピードへの恐怖心を感じて腰が引け、後ろ側の足に体重を乗せてしまうと…

逆にボードはそのまま加速していきますし、コントロールが効かなくなってターンできずにまっすぐに滑っていってしまうことになります。

スノーボードでターンしようと思えば、雪の斜面にボードのエッジを効かせなければターンできませんし、後ろ足に体重が乗るとエッジを立てようにも立てることができないので、このような状態になってしまうわけです。

自分の思うようにボードをコントロールできてエッジを立てることができますからこそ、まっすぐに滑っている状態からでも向きを変えることができるわけですし、そのためには前後の足に体重がバランスよく乗っている必要があります。

だから板が斜面に対してまっすぐになったときに恐怖心を感じて後ろ足に体重を乗せてしまいがちなスノボ初心者は、思い切って斜面に自分を放り出すぐらい前に体重を移動させることが重要です。

まとめ

以上、スノボ初心者が効率よくターンできるための練習方法をご紹介しました。

リフトに乗って斜面の上に上がっていき、山の上の方の急な斜面はかかと側での木の葉おとしやつま先側の木の葉おとしの練習をしながら安全に滑り、山の下の緩やかな斜面になったところでボードをまっすぐにしてターンの練習をする。
というようにすると、スノボ初心者が効率よくターンできるようになるはずです。

また、緩い斜面ではターンできていたのに、急な斜面になるとターンができない。
なんてときも、恐怖心から後ろ足に体重が乗っていることが多いです。

思い切って前に体重を移動させてみると、ターンができるようになりますよ。

楽天のスノーボード用品のランキングはこちら
スノーボード用品 週間ランキング

Amazonのスノーボード用品の売れ筋はこちら
スノーボード用品 売れ筋ランキング

-スノボ 初心者 ターン
-, , ,

Copyright© スノボ 初心者 , 2020 All Rights Reserved.