スノーボードに挑戦してみたい初心者と上達したい人のためのサイト。スノボに行く持ち物やゲレンデ選びやコツ、そしてスノボ初心者が上達して行くためのターンなど滑り方の練習方法をご紹介しています。

スノボ 初心者

スノボ 初心者 スクール

スノボ 初心者 スクール

スノボがしたい!という友達に管理人もスノボを教えましたが、初心者の自分が過去に躓いたところや、初心者の自分が「これだ!」と思ったときのコツを伝えて一緒に練習するとすぐにスノボで一緒に滑れるぐらいに上達しました。

ですからスノボ初心者が「スノボって楽しい」と思えたり、上達していくために一番良いのは、やっぱり誰かに教えてもらうことだと思いますし、スノボの上手な家族や友達が初心者のあなたにちゃんとスノボを教えてくれるなら頼りになります。

でも昔の管理人のように、周囲に誰もスノボの経験者がいない場合もあるでしょうし、自己流でスノボをしようとすると全然うまく滑れるようにならなくて、スノボが面白くなくないと感じたり、スノボが嫌いになってしまいかねません。

そんなスノボを教えてもらえる人が周りにいない時、スノボ初心者にとって頼りになるのがスキー場の初心者向けのスクールですが、どんなものかわからないと不安も大きいかと思いますので、今回はスノボのスクールについてお伝えしていきます。

スノボ初心者こそ、最初にスクールに入るべき

管理人がスノーボードをはじめたいと思った時、まだスノボをしている友達もいなかったですし、家族もスノボをしていたわけではなかったので、完全に自己流で練習という感じでした。

スノボを始めた時は中学生か高校生の頃でしたし、スノボやりたいといって親にスキー場に連れて行ってもらっているのにスクールに通いたいんだけどとも言えず…

練習方法もよくわからないまま、とにかく転けて転けてしながらスノボに乗れるようになったので最終的には良かったですし「スクールでは大したことは教えてもらえないだろうから、わざわざお金を払ってまでスクールに入る意味はない!」なんて思っていました。

でもスノボを長くやるにつれて基本の基礎の大切さを見に染みて感じますし、変な自己流の癖がついているので上達のスピードも遅く、最近は「スノボ初心者の早いうちにスクールに入っておけば時間を無駄にしないですんだかも」と思うようになっています。

スノボと長く付き合って楽しんでいきたいのなら、最短でスノボを上達したいのであれば、やっぱり最初のうちにプロからしっかり教わるのが1番です。

スクールでプロのインストラクターに教えてもらいながら滑ると、失敗した時の理由や改善点を的確に教えてくれますし、そうやってスノボの基礎をしっかりと頭と体で理解してから自分で練習するようにすると、自分で成長していくことができますよね。

スノボ初心者がスクールで学べること

スノボのスクールではレベルに合わせた内容を学ぶことができますが、スノボ初心者であれば「こけ方、止まり方、リフトの乗り方」といった基本的なことだけど重要なことから、滑っている最中の姿勢やターンの仕方から目線のおき方まで、スノボで滑るにあたっての基本的なことをきっちりと教えてもらうことができます。

これらの基本を知った後に練習するのと、自己流でなんとなく滑れるようになって適当に滑っている人では、上達のスピードにかなり差が出てきます。

スノボのスクールに入ると、自分がスノボを上達するために練習すべき課題も見えてくるので、どのように練習すればいいか意識しながら滑ることができますし、そうして滑るとやっぱり上達も早くなって滑る楽しさも早く実感することができます。

逆に、なんとなく滑れているけどエッジを使ってターンすることができず、体をひねって板をズラしてしか滑れていないのにグラトリの練習をしようとしている人も見かけますが…

それは板の使い方もわかっていないのに、不可能だったりするんですね。

ただやみくもになんとなく滑って練習していてもスノボのスキルを成長させることはできませんし、そうやって滑っているといつかスノボが楽しくなくなってきてしまいます。

スノボ初心者がスクールで教えてもらって得られる価値は、スクールで教えてもらっている時のレッスンだけではなく、その後の練習方法も分かってくることにありますので、基礎をしっかり身に着けて楽しくスノボを続けたいのであれば、スクールで教えてもらうのがおすすめです。

初心者がスノボのスクール入るデメリット

初心者がスノボのスクール入るデメリットとしては、ゲレンデのリフト券やスキー場までの交通費の他にお金が余計にかかるといったことでしょう。

スノボ初心者向けのスクールの料金ですが、これは一律ではなくそのスキー場によって様々に設定されており、4000円〜6000円の間で設定されていることが多いです。

4000円〜6000円だと、リフト券がもう1日分買えてしまう料金ですし、それならもう1日スノボにきて自分で練習した方がうまくなれるんじゃないだろうか。
と思ってしまいますよね。

管理人もそう思っていましたが、上記でもお伝えした通り、スノボは自分の滑り方のどこがおかしいのかや改善ポイントなどを意識せず、ただなんとなく滑っているだけでは上達しません。

それに自分ではどこがダメだからうまく滑れないのかは見つけにくく、そこに気づくまで何本も滑って悩む必要がありますし、1日滑ってもわからないままの時だってあります。

スキー場に来たからには1本でも多く滑りたいと思う人は多いですし、スクールにお金を使うんなら何度もゲレンデに来て練習する!と考える人も多いです。

でもスクールに入ってプロのインストラクターにスノボを直接教えてもらえば、滑り方の悪い部分が一発で解決できて練習のカリキュラムも自分で組めるようになるので、スクールにはデメリット以上の価値があると思います。

まとめ

スノボ初心者でも、ゲレンデに一緒に行く家族や友達がちゃんとしたスノボの基礎を身につけていていて、それを教えてもらうことができるならスクールは必要ないですが、スノボが滑れるからといってスノボの基礎ができているかは別です。

初心者から見て「上手に滑れるなー」と思っていても、基礎ができていないという人も多いもの。

ですから、スノボ初心者だからこそ、スノボ初心者こそ、最初にスクールに入るべきだと思いますよ。

楽天のスノーボード用品のランキングはこちら
スノーボード用品 週間ランキング

Amazonのスノーボード用品の売れ筋はこちら
スノーボード用品 売れ筋ランキング

-スノボ 初心者 スクール
-, , ,

Copyright© スノボ 初心者 , 2020 All Rights Reserved.