スノーボードに挑戦してみたい初心者と上達したい人のためのサイト。スノボに行く持ち物やゲレンデ選びやコツ、そしてスノボ初心者が上達して行くためのターンなど滑り方の練習方法をご紹介しています。

スノボ 初心者

スノボ 初心者 持ち物

スノボ ブーツ 臭い対策

スノーボードのブーツのなんともいえない臭い、滑る前も滑った後も気になりませんか?

インナーを外してしっかりと乾かしたつもりでも、ファブリーズなどをたくさんかけても、スノボのブーツの臭いはすんなりと消えてくれないので諦めている人も多いかと思いますが、ちゃんと臭い対策はあるんですよ。

スノボのブーツの臭い対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スノボのブーツが臭う理由

スノボのブーツが臭う原因になっているのは、ズバリ、雑菌です。

雑菌が繁殖すればするほど臭いはきつくなるんですが、スノーボードのブーツの中って雑菌が繁殖しやすい環境が整ってるんです。

雑菌は人間の体から分泌される汗や皮脂、垢などを栄養として繁殖しますが、スノーボードをしてると寒い場所にいるはずなのにめっちゃ汗かきますよね。

しかもスノボのブーツって足にフィットするように作られてるし、雪が簡単に染み込んでこないように作られているから通気性も悪くて蒸れまくりで高温多湿状態になってるから、雑菌が大喜びする環境。

だから雑菌が繁殖してスノボのブーツが臭ってしまうわけです。

1日中滑ってると、だんだんブーツの中に水が染み込んでくるし、それでも履きっぱなしで滑るから…

スノボのブーツは臭いが気になるようになって、当然といえば当然なんです。

スノボのブーツの臭い対策

上記でお伝えしたように、スノボのブーツは臭いが出やすい環境で使われていますが、それでもちゃんと対策すれば臭わなくなったりします。

実際に管理人がやっているスノボのブーツの臭い対策を紹介しますので、真似してみてください。

ブーツが臭いのにそのまま履いていると、スノボのブーツの臭いが自分の足に移るかも?
ですよ!

グランズレメディ(消臭グッズ)を使う

スノボのブーツをしっかり乾燥させるというのは、臭い対策として当然必要なものになります。

防水スプレーをしっかりスプレーしたとしても、スノボのブーツは1日中滑っているとどうしてもインナーまで濡れてしまうもの。

インナーを取り出さずにそのままにしておくと、乾くのに時間がかかりますし充分に乾かないので臭いの元になります。

スノボを楽しんだ後には、ブーツのインナーを取り出して乾燥させるようにしましょう。

その際ですが、インナーの中に新聞紙を丸めて入れておくと乾燥も早いです。

で、スノボのブーツをしっかりと乾燥させることに加えて、グランズレメディという消臭グッズを使うと、スノボのブーツが無臭になります。

↑ これ!

管理人もスノボに一緒に行った知り合いに教えてもらって、その場で片方のブーツにだけ使って1日滑ってみたんですが…

グランズレメディを使った方のブーツは、1日みっちり滑った後なのに、無臭!

というか、朝の方が若干臭いがあったぐらいです。

もう片方のブーツは、いつも通りのスノボを滑り終わった後の臭いだったので効果抜群です。

グランズレメディの使い方

グランズレメディは蓋をあけると、白いパウダーと小さいスプーンが中に入っているので、付属のスプーンですりきり1杯をスノボのブーツの中にササっと入れてあげるだけ。

しかも、結構な量が入ってるから、なかなか減らない。

スノボを楽しんだ後にブーツをしっかり乾燥させて、その後グランズレメディを入れておく。

スノボに行く当日は、ゲレンデでブーツを履く前にグランズレメディを入れておく。

という使い方をすると、スノボのブーツの独特な臭いがなくなりますので試してみてください。

ちなみに、グランズレメディを入れてそのままブーツを履いて滑ったら、靴下すら臭わないので良いですよ。

グランズレメディ 50g

女子と一緒にスノボに行って、帰りの車の中で「なんか臭い」なんて思われないように、レッツ対策!

ちなみになんですが、一緒にスノボに行く女子にこのグランズレメディを使ったブーツの臭い対策を教えてあげると、本気で感謝してもらえたりします♪

楽天のスノーボード用品のランキングはこちら
スノーボード用品 週間ランキング

Amazonのスノーボード用品の売れ筋はこちら
スノーボード用品 売れ筋ランキング

-スノボ 初心者 持ち物
-, , , , ,

Copyright© スノボ 初心者 , 2020 All Rights Reserved.